女性

ボトックスの副作用を確認【ダウンタイムが短く済む】

体調を整えて受ける

注射

欲張らずに適量を

ボトックスで副作用が出にくくするポイントとしては、体調を整えておくことがもっとも大切なポイントといわれています。特に注射をする時には生理中や生理前を避けることや、風邪を引きかけている時も避けることが、副作用の出にくい治療を行うポイントです。また、欲張って広範囲に注射してもらうことも避けたほうが、体調悪化につながらずに治療ができる重要な要素といえるでしょう。広範囲に注射することによって、注射した部分のこわばりが広がり、顔面の一部分が固まったように見えてしまう可能性が高いからです。なお、内出血や注射をした後の腫れは、1週間程度で収まるといわれているため、それまでは顔面の場合、メイクやマスクで隠す人も多いといいます。対して脇などの場合には、露出する服を避けて身につけることで、注射跡を誰かに見咎められることがありません。ただし、プールなどの時には露出してしまう可能性が高いため、腫れが収まるまで見つかりたくないなら避けたほうがいいでしょう。頻繁に注射を繰り返すと効果が出にくくなるため、効果が薄れてきた4ヶ月以降に注射をすることが、効果を出すために必要といえます。ボトックス治療を行う場合、副作用の報告が少ない医療機関を検索し、ネットや電話で申し込むことでスムーズに治療が受けられます。ボトックスは注射することによって過剰に動く筋肉の動きを減退し、正常に戻すことを目的とした治療方法として活用されています。しかし、ボツリヌス菌の機能を生かした医薬品であるため、妊活中の男性や妊婦・授乳中の女性の治療は禁止されているので注意しましょう。そもそもボツリヌス菌の機能の一つを医薬品として利用できるようにした薬剤であるため、副作用が発生しやすいといいます。頭痛や注射した部分の筋肉のこわばり、注射した部分のない出血や痛みが挙げられていますが、体内で食中毒菌がある状態と認識されるからです。まれに発熱や打った人間の目が開きにくくなる症状を引き起こす可能性もあるため、顔に打った場合にはマッサージを忘れないようにしましょう。なお、ボトックスを打った人間が妊娠すると、胎児に大きな悪影響が発生する可能性が高く、副作用として死産や奇形出産が海外であったといわれています。男性が注射をしていても、パートナーの妊娠によって男性側の遺伝子からボツリヌス菌の感染が懸念されますので、必ず避けてください。副作用が起こらないように、妊娠を考えている人は事前に医療機関で伝えることによって、注射を休ませることができるでしょう。授乳中も母体から感染する恐れがあるため、卒乳するまでは、決して注射をしないことが副作用を避ける大きなポイントです。