女性

ボトックスの副作用を確認【ダウンタイムが短く済む】

シワやたるみが気になる人

医者

即効性のあるシワ改善法

即効性のあるシワやたるみなどを改善する治療法で人気のボトックス注射。メスなどを使わず、注射をするだけで顔の筋肉が引き締まってシワやたるみを目立たなくしてくれるので手軽に治療を受けることができます。副作用は、脱力感や患部の痛み、筋肉痛、発疹などがあります。原因は、薬の効きすぎによって症状が強くでてしまったことにあると言われています。これらの症状は薬の効果が弱まると同時に回復していくという特徴もあります。その他にも、注射直後などに表情がこわばってしまうこともあります。失敗例としては、部分的な表情筋が上下しすぎてしまう症状がおきてしまうことがあります。この症状をスポックブローと言い、これらはボトックス注入時のミスによっておこってしまう症状になります。次に良く聞くのは、ボトックスの失敗により無表情になってしまうもの。ほうれい線を改善するためにボトックスを注入する時に違う場所に注入してしまうと、表情筋が弛緩してしまい動かなくなってしまうのです。他にも口角を上げるために顔面下にボトックスを打つ場合に、やり方を間違えると唇に違和感がでてしまったり飲み物を飲んだ時に口からこぼれてしまったりなどの症状がおきることがあります。これらの副作用では、ストローを使うことができず飲み物も飲むことができなくなってしまうので注意が必要です。ボトックスは、医師の技術により結果が大きく左右されるものなので初心者の人は特に気を付けて病院や医師を選ぶことが必要です。ただ顔に注射を打つだけなどと安易に考えていると副作用や失敗などで後悔することになってしまうことになってしまうかもしれません。信頼のおけるクリニックを選ぶのはもちろん、技術が高く、知識や経験が豊富な医師に治療してもらうことが大切です。ボトックスをする際は、事前に医師と細かいところまでカウンセリングを受けて納得してから受けることが必要です。ボトックスにかかる費用や使用する薬なども医師と相談をしながら決めること。わからないことがあったら医師に何でも質問してみましょう。注入した後の修正はかなり難しく、病院によっては修正できずにそのままボトックスが消えるのを待つことしかできないところもあります。専門的なクリニックなどでは、失敗した人の修正を受けることができるところもあります。一番は、失敗や副作用のない施術でボトックス治療を受けること。これは、クリニックと医師選びにかかっています。治療を行ううえで最も重要なことは、クリニック選びと信頼できる医師を選んできちんとした治療を受けるようにすることです。